リスティングの意味

今以上に自社サイトを多くの人に知ってもらいたいならリスティングを代理店に依頼しましょう。きっと大きな効果が得られると思いますよ。

リスティングという言葉をご存知でしょうか?
これは、マーケティング用語で、有る群体の中から、特定の要素を抽出することを指します。これをリスティングというわけです。
現在では、もっぱらリスティング広告として知られています。

リスティング広告とは、検索エンジンの検索結果に基づいて、出た結果に対して検索結果トップやサイドにテキスト広告を出稿できる仕組みのことを指します。
通常は、法人のECサイトへの誘導や、企業サイトへの誘引に用いられる広告手法です。また、故人においてもアフィリエイトやドロップシッピング目的で利用するケースが見られます。

仕組みとしては、抽出する検索キーワードに対してお金を支払って、入札するという仕組みです。購入単価は様々で、1クリックあたり何円という単位で支払われます。

この手法の広告は、SEO対策をして検索結果を上位表示する施策よりもより簡単にユーザーを誘引することができます。
しかし、この検索キーワードの抽出にセンスと経験が必要なのです。
ここで、リスティング広告代理店の意義が出てきます。この広告代理店は、依頼者の代わりに検索キーワードを抽出して、広告出稿を代行してくれる機能をもちます。
真に効果のあるキーワードを探してくれるために、企業にとってはかなり頼もしい代理店です。

SEOとは、また違う施策とノウハウが必要なので、自社で独自にするよりは代理店に代行してもらうほうがいいかもしれません。
代行してもらうほうが、効果は見込めますし、代行の方が管理も楽で済みます。

Comments

Comments are closed.